画像_アイキャッチ_2
ポイントエニタイムバナー_728x90

電子書籍の読み放題サービスの選び方

「電子書籍の読み放題サービスは、どのサービスも似てるように思える」と感じたことはありませんか?確かに定額料金を支払って対象作品を好きなだけ読めるという点では、どのサービスも共通しています。

しかし、実際にはサービスによってそれぞれの特徴があります。この記事では、電子書籍の読み放題サービスを選ぶ際の5つのポイントを見ていきましょう。どのサービスを利用するか迷っている方は、良い参考材料になるはずです。

作品数やジャンル

まず大切なのは、「作品数の多さ」や「好みのジャンルの充実度」を確認することです。サービスにより得意ジャンルが異なります。

例えば「コミックシーモア」は漫画に特化しており、少年・青年・少女・女性漫画などが充実しています。また、メディア化された作品なども広く扱っています。

あらかじめ重視したい作品ジャンルを決めておくと、あなたに合う読み放題サービスを見つけやすくなります。

月額料金や料金システム

月額料金や料金システムが「この金額なら継続的に利用できる」という範囲内かどうかもご確認ください。

まずは、月額料金が予算に合うかどうか計算しましょう。毎月その額をコンスタントに払える余力があるか、払うだけの価値があるか考えます。

次に、完全定額制か一部課金制か確認することも大切です。サービスの中には、読み放題の対象にはならない作品が配信されていることもあります。

例えばコミックシーモアの読み放題プランでは、読み放題になる作品は一部の作品のみで、最新作や対象外の作品は課金して読まなければなりません。

月額料金と定額の範囲両方を考慮して総合的に選ぶことが大事です。

サービスや特典

読み放題以外のサービスや特典が魅力的かどうかを考慮することも大切です。例えば「U-NEXT」では、動画配信サービスの特典として雑誌読み放題が提供されています。

つまり動画がメインコンテンツで、雑誌はおまけのサービスです。動画を頻繁に視聴する方にとっては嬉しいサービスです。

また「Kindleunlimited」というサービスでは、専用のリーダー端末が発売されています。通常のモバイル端末にはない機能を持つ端末を使うことで、より作品を楽しめます。

無料お試し期間の有無

無料お試し期間の有無を考慮することも忘れないでください。無料お試し期間を利用できる場合、読みたい作品がどれくらいあるかを確かめられます。また、一定期間気になっていた作品を無料で楽しめます。

無料お試し期間の具体例として、コミックシーモアでは7日間無料キャンペーンを展開しています。2種類のプランがありますが、約25,000~67,000冊のコンテンツを無料で閲覧可能です。

使い勝手

サイトやアプリの使い勝手が良いか考慮することも大切です。無料期間や無料試し読みができる書籍を利用して、「操作感がスムーズか」や「インターフェースが自身に合うか」などを確認しましょう。

最重要項目ではありませんが、長く使う場合に操作感は大切な要素です。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で登録すると、ポイントがもらえる!

LINEマンガや漫画全巻ドットコムなど人気サービスをお得に体験!

各ジャンルのおすすめ電子書籍読み放題サービス

漫画なら「コミックシーモア」

漫画を中心に読む方におすすめの電子書籍読み放題サービスは「コミックシーモア」です。
先述のようにコミックシーモアは漫画中心に配信してるサイトです。そしてメインコンテンツが漫画のサービスで唯一、読み放題プランがあります。

コミックシーモアの読み放題には、2つのプランがあります(下記表を参照)。料金や視聴可能作品数・配信ジャンルが異なるため、自身が読みたい作品を考慮して選ぶことが大切です。

プラン 読み放題ライト 読み放題フル
月額料金 780円 1,480円
総作品数 10,000タイトル以上 30,000タイトル以上
配信ジャンル ・少年 / 青年漫画
・少女 / 女性漫画
・小説 / 実用書
・雑誌
・写真集
・少年 / 青年漫画
・少女 / 女性漫画
・小説 / 実用書
・雑誌
・写真集
・BL / TL
・オトナコミック
・ライトノベル

どちらも7日間の無料期間が設定されているため、この期間を使ってどちらのプランが良いかチェックしてください。

コミックシーモアの読み放題プランについて詳しく知りたい方は「コミックシーモアの読み放題ライトとフルの違いを解説!最新作品は読めない?」をご覧ください。

アイキャッチ33
コミックシーモアの読み放題ライトとフルの違いを解説!最新作品は読めない?
2020.6.30
コミックシーモアの読み放題プランとは? コミックシーモアの読み放題サービスとは、読み放題の対象作品を月額料金のみで見放題になるサービスです。見放題作品のみを見る分には、月額料金以外の追加料金はかかりません。 プランに関しては、「フルプラン」と「ライトプラン」の2つがあります。この2つのプランは、読め...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

コミックシーモアの詳しい口コミ評判について知りたい方は、「コミックシーモアの口コミ評判はどう?メリットやデメリット、安全性を徹底解説!」をご覧ください。

雑誌なら「楽天マガジン」

雑誌を中心に読む方におすすめの電子書籍読み放題サービスに「楽天マガジン」があります。楽天マガジンには以下のような特徴があります。

  • 雑誌の配信数が450冊以上で業界最多
  • 月額料金が418円で安い、年会プラン3,960円でさらにお得(1か月330円)
  • 楽天ポイントを利用できるため、楽天ユーザーはさらにお得
  • 31日の無料トライアル期間がある

なんといっても月額料金が500円を切る安さのため、手が出しやすいサービスです。無料期間も31日間とかなり長めです。

サービス名 月額料金 配信数 無料期間
楽天マガジン 418円 450誌以上 31日間
dマガジン 440円 450誌以上 31日間
ブック放題 550円 350誌以上 30日間

楽天マガジンは「日ごろから頻繁に雑誌を読む習慣がある方」や「じっくりお試し期間を取りたい」という方におすすめです。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で登録すると、ポイントがもらえる!

LINEマンガや漫画全巻ドットコムなど人気サービスをお得に体験!

小説・ラノベなら「BOOK☆WALKER」

小説やラノベを中心に読む方におすすめの電子書籍読み放題サービスに「BOOK☆WALKER」があります。

BOOK☆WALKERは唯一、小説とラノベ専門の読み放題プランがあるサービスです。プラン名は「角川文庫・ラノベ読み放題」プランで、12,000冊以上のコンテンツが読み放題になります(2020年7月現在)。そのうち、角川文庫の作品を約3,400冊も楽しめます。

サービス名 角川文庫・ラノベ読み放題
月額料金 760円
総冊数 12,000冊以上(うち約3,400冊は角川文庫の作品)
ラインナップ 角川文庫
角川文庫ライトノベルレーベル作品

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で登録すると、ポイントがもらえる!

LINEマンガや漫画全巻ドットコムなど人気サービスをお得に体験!

ビジネス・実用書なら「Kindle Unlimited」

ビジネスや実用書を中心に読む方の場合、おすすめの電子書籍読み放題サービスに「Kindle Unlimited」があります。

Kindle Unlimitedがおすすめできる理由には以下のような点が挙げられます。

  • 一般書籍の作品数が8万冊以上で断トツの多さ
  • 240誌以上の雑誌も読める
  • 30日間の無料期間もあるため様子見ができる

書籍数のバリエーションがかなり豊富なため、読みたいコンテンツを比較的容易に見つけることができます。

サービス名 料金 一般書籍の配信数 無料期間
Kindle Unlimited 980円 80,000冊以上 30日間
ブックパス 562円 1,500冊以上 30日間

Kindle Unlimitedは「実用書やビジネス書をメインに読む方」や「無料期間が長めのサービスに登録したい方」におすすめです。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で登録すると、ポイントがもらえる!

LINEマンガや漫画全巻ドットコムなど人気サービスをお得に体験!

電子書籍の読み放題サービスをより楽しむコツ

電子書籍の読み放題サービスをより楽しむには、いくつかのコツを押さえておくことが大切です。ここからは、覚えておきたいコツを2点見ていきましょう。

電子書籍リーダーを利用する

一部サービスでは、電子書籍リーダーが発売されています。電子書籍リーダーの具体例としては、以下のような端末があります。

  • Kindle Paperwhite
  • Kobo Clara HD
  • Boox Max3

電子書籍リーダーでは、スマホやタブレットにはない機能を使えるため、よりコンテンツを楽しみやすくなります。

電子書籍リーダーを使うメリットには以下のようなものがあります。

  • 大画面で書籍を楽しめる
  • 防水機能を持つ端末もあり、お風呂などで利用できる
  • 特殊加工により目に優しいライトになっているものもある

利用するサービスを最小限に抑える

読み放題サービスを利用する際は、たくさんのサービスに登録するのではなく利用するサービスを最小限に抑えるようにしましょう。

複数のサイトを登録すると管理しきれなくなる恐れがあります。また以下のようなデメリットもあります。

  • どこでどの漫画を読んだか分からなくなる
  • 料金が倍近くかかってしまう

そのためこの記事で紹介した選び方のポイントを参考に、自身に最も合うサービスを選択するようにしてください。

また、電子書籍を読み放題ではなくレンタルで楽しみたい方は「おすすめの電子書籍レンタルサービスを徹底比較!漫画を読む料金が安いのはどこ?」をご覧ください。

画像_アイキャッチ_3
おすすめの電子書籍レンタルサービスを徹底比較!電子コミックが安い・高いのは?
2020.8.1
漫画を電子書籍で読むなら、購入するよりもレンタルが安い 漫画を電子書籍で読む場合、購入するよりも一定時間のみ閲覧可能になるレンタルの方が安い場合があります。例えば「Renta!」というサービスで「ブスに花束を。」を購入する場合とレンタルする場合とでは、約6倍の使用ポイント数の差が出ます。 タイトル ...…

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で登録すると、ポイントがもらえる!

LINEマンガや漫画全巻ドットコムなど人気サービスをお得に体験!

ポイントエニタイムバナー_728x90
電子書籍の関連記事
  • アイキャッチ_3
    電子書籍と紙書籍の使い分け方!3つの基準で徹底解説!
  • アイキャッチ_1
    電子書籍ストアを徹底比較!人気おすすめランキング
  • アイキャッチ_2
    電子書籍のおすすめ漫画サイト9選!種類と選び方も徹底解説!
  • アイキャッチ_5
    漫画を無料で読む方法4選!安全で合法的な方法で見よう!
  • アイキャッチ_4
    漫画を無料で読めるサイトは違法?利用するリスクはある?
  • アイキャッチ_6
    電子書籍の漫画広告が不快なときの対処法!非表示にする方法は?