アイキャッチ_22
ポイントエニタイムバナー_728x90

1位 auひかり

  • auスマホを利用中の方は、スマホ1台につき月額料金が1,000円お得に!
  • 独自回線のため回線速度も安定しやすい
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら40,000円分のポイントゲット!

2位 ドコモ光

  • ドコモスマホを利用中の方は、スマホ1台につき月額料金が1,000円お得に!
  • 無料の高性能ルーターレンタルあり
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、17,000円分のポイントゲット!

3位 NURO光

  • ソフトバンクスマホを利用中の方は、スマホ1台につき月額料金が1,000円お得に!
  • 独自回線の提供で業界最速の速度を誇る人気回線
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、17,000円分のポイントゲット!

auひかりの月額料金内訳

auひかりを契約する際にまず気になるのはやはり月額料金のことだと思います。毎月どれくらいかかるのか、初期費用はいくらなのかなど知りたい点は多いでしょう。

今回の記事では、auひかりの月額料金について解説していきます。この記事を読み終われば、お得に契約する方法もわかるはずです。

まず、auひかりの月額料金内訳を見ていきましょう。

月額基本料金

auひかりの月額基本料金は、回線を契約する住宅が戸建てかマンションかで異なります。そのため、月額料金の内訳も戸建て・マンションによって異なります。

戸建てとマンションそれぞれの月額料金について詳しく見ていきましょう。

戸建ての場合

戸建ての場合、3年縛りの「ずっとギガ得プラン」と2年縛りの「ギガ得プラン」、縛りがない「標準プラン」という3つの選択肢があります。

3つのプランの月額料金と途中解約した場合の違約金は、それぞれ以下の表のとおりです。

プラン名月額料金違約金還元特典
ずっとギガ得プラン(3年契約)1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目 4,900円
15,000円30,000円(他社からの乗り換え時の最大還元金額)
ギガ得プラン(2年契約)5,200円9,500円なし
標準プラン6,300円なしなし

月額料金がもっとも安いプランは、ずっとギガ得プランです。ずっとギガ得プランには、他社から乗り換える際に発生する解約違約金相当額を最大30,000円還元する特典があります。例外として、auスマートバリューの対象となるサービスや一部CATVからの乗り換えの場合は対象外になります。

そのため、近いうちに引っ越しの予定があるなどの事情がない限り、ずっとギガ得プランがおすすめのプランといえます。

マンションの場合

マンションの場合、住んでいるマンションごとに利用できるタイプが異なります。個人で利用できるタイプを変更することはできず、あらかじめマンションごとに決められたタイプを利用します。

また、2年縛りのお得プランと縛りがない標準プランのいずれかを選択する形になります。各タイプのプラン別の月額料金は、それぞれ以下の表のとおりです。

タイプお得プランA(2年縛り)標準プラン(縛りなし)
タイプG4,300円5,400円
タイプV(16契約以上)3,800円3,800円
タイプV(8契約以上)4,100円4,100円
都市機構3,800円3,800円
都市機構G4,300円5,400円
タイプE(16契約以上)3,400円3,400円
タイプE(8契約以上)3,700円3,700円
タイプF3,900円3,900円
ギガ4,050円4,050円
ミニギガ5,000円5,000円

タイプGと都市機構Gは、お得プランを選ぶと月額料金が1,100円安くなります。それ以外のタイプでも、2年縛りのお得プランを選ぶと月額400円のおうちトラブルサポートが無料になるなど特典があります。

また、他社から乗り換える際に解約違約金相当額を最大30,000円還元する特典を得るには、「24か月以上の契約」の条件があります。

長期間の利用を考えている場合は、お得プランの契約をおすすめします。

工事費用

auひかりの工事費用は戸建てが37,500円、マンションが30,000円です。

契約プラン戸建てタイプマンションタイプ
初期工事費用37,500円30,000円
事務手数料3,000円3,000円
分割回数60回24回
実質工事費用3,000円3,000円

工事費を分割で支払う場合、戸建てでは電話とセットで契約すると毎月625円の割引が60か月適用されます。マンションの場合は、毎月1,250円の割引が24か月間適用されます。

つまりauひかりを契約する期間の長さによっては、事務手数料を除く工事費用が実質無料になります。ただし、分割料金を支払い中に解約した場合は、残債が一括請求される点に注意してください。

初期費用を節約したい場合、分割での支払いを選んで一定期間契約することがおすすめです。

その他サービス料金

auひかりにはインターネット接続のほかに、光電話やさまざまな動画を楽しめるテレビサービスのオプションがあります。

auひかりの代表的なオプションサービス料金について見ていきましょう。

光電話

光電話の基本料金は月額500円です。通話料は電話をかける相手によって変わります。具体的な通話料は以下の表のとおりです。

区分通話料
国内加入電話向け通話8円/3分
IP電話向け通話8円/3分
020番号向け通話10円/40秒(別途40円/1通話)
携帯電話(au)15.5円/1分
携帯電話(NTTドコモ)16円/1分
携帯電話(ソフトバンク)16円/1分
携帯電話(ワイモバイル)16円/1分

テレビサービス

テレビサービスの料金は視聴するチャンネル数などにより変わります。詳細は以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

プラン月額料金
選べるジャンルパック(6ch)1,480円(6ch)
オールジャンルパック(47ch)2,480円(6ch)
TELASA(旧ビデオパス)見放題プラン562円
選べるジャンルパック+TELASA見放題プラン1,742円
オールジャンルパック+TELASA見放題プラン2,742円

auひかりのテレビサービスについて詳しく知りたい方は「auひかりテレビの料金やチャンネルを解説!BSやCSは視聴できる?」をご覧ください。

アイキャッチ_25
auひかりはキャンペーン特典を利用しお得に契約しよう!キャッシュバックが多いのはどこ?
2020.12.25
【提供元別】auひかりの特典・キャンペーン内容 auひかりの特典やキャンペーン内容は提供元により異なります。しかし特典の種類が多すぎて、何をが本当にお得なのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 提供元による特典の差を把握することで、あなたにとってお得な申し込み窓口を見つけやすくなります。...…

\今だけ!40,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりの月額料金は窓口によって変わるため注意!

auひかりの窓口は、1つではありません。au(KDDI)・プロバイダ・代理店という3種類の窓口があります。また、窓口により支払う月額料金が多く変わる場合があります。

損をしないためには、よく比較検討した上で契約する窓口を決めなければなりません。

au(KDDI)

auの窓口(公式サイト)で申し込んだ場合の月額料金は、契約期間の長さにり異なります。月額料金は以下の表のとおりです。

タイププラン名月額料金
戸建てずっとギガ得プラン(3年契約)1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目 4,900円
ギガ得プラン(2年契約)5,200円
標準プラン6,300円
マンション都市機構3,800円
タイプV3,800円~
タイプG4,300円~
タイプE(16契約以上)3,400円
タイプE(8契約以上)3,700円
タイプF3,900円
マンションミニ ギガ5,000円
マンション ギガ4,050円

注意点として公式の窓口であるため、独自の割引はありません。そのため、プロバイダや代理店で契約した方が安くなる場合が多くなります。

ただし、必要ないオプションを無断で付けられるようなことはないため、安心感を持って契約できる点は公式サイトのメリットといえます。

auひかりのマンションタイプについて詳しく知りたい方は「auひかりのマンションタイプの速度や料金は?タイプVなど詳細を紹介」をご覧ください。

アイキャッチ_21
auひかりのマンションタイプの速度や料金は?タイプVなど詳細を紹介
2020.8.30
【マンションタイプ別】auひかりの回線速度・料金まとめ auひかりのマンションタイプの回線は、以下の8種類に分けられます。 契約タイプ 料金 上り(最高速度) 下り(最高速度) 都市機構 3,800円 35Mbps 100Mbps タイプV 3,800円~ 35Mbps 100Mbps タイプG 4...…

プロバイダ

プロバイダの窓口で申し込みをした場合、プロバイダごとに月額料金が異なります。各プロバイダのキャンペーンや割引を適用して、実質の月額料金をまとめたものが以下の表になります。

窓口実質の月額料金(戸建て)実質の月額料金(マンション)
GMOとくとくBB(月額割引)3,250円1,525円
GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,383円1,614円
BIGLOBE(月額割引)4,983円2,675円
BIGLOBE(キャッシュバック)4,183円2,342円
So-net3,563円2,725円
au one net5,300円4,008円
DTI4,522円2,842円
@nifty4,744円2,975円
Asahi Net5,585円4,425円

マンションの月額料金は、最安値のタイプVの料金をもとに計算しているため、タイプによっては料金が変わる可能性があることに注意してください。月額料金のみで比較すると、2,000円以上の差が出る場合もあります。

また、キャンペーンの適用条件に違いがあるため、キャンペーン内容をよくチェックしておいた方が良いでしょう。例えば、@niftyのauひかりテレビサービス2か月無料の特典は、オールジャンルパックに申し込んだ場合にのみ適用されます。

さらに窓口によってはauひかりの工事費実質無料の割引を受けられないなど、かえって実質の月額料金が上がる場合もあります。

表面的な月額料金の安さのみに注目するのではなく、支払う総額を計算してお得な窓口を選ぶようにしましょう。

代理店

代理店を窓口とした場合、代理店ごとに月額料金は異なります。以下の表は、各代理店のキャンペーンや割引を適用した金額を実質料金としてまとめたものです。

窓口実質の月額料金(戸建て)実質の月額料金(マンション)
NEXT3,997円2,467円
アシタクリエイト4,050円2,620円
グローバルキャスト3,911円+オプション代2,550円+オプション代
フルコミット3,911円+オプション代2,342円+オプション代
253,911円+オプション代2,342円+オプション代

代理店により月額料金に大きな差が出ることはありません。ただし代理店を利用する際には、指定のオプションやプランへの加入を求められるケースが多く見られます。

例えばグローバルキャストを利用する場合、So-netのカスペルスキーや安心サポート、えらべる倶楽部など6つのオプションに加入することがキャッシュバックの条件になります。

そのためプロバイダと同様に、支払う総額を計算した上でどの代理店を利用するか検討する必要があります。

\今だけ!40,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかり窓口の料金比較!月々の値段が安いのは?

auひかりの窓口ごとの実質月額料金は以下の表のとおりです。

窓口実質の月額料金(戸建て)実質の月額料金(マンション)
GMOとくとくBB(月額割引)3,250円1,525円
GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,383円1,614円
BIGLOBE(月額割引)4,983円2,675円
BIGLOBE(キャッシュバック)4,183円2,342円
So-net3,563円2,725円
au one net5,300円4,008円
DTI4,522円2,842円
@nifty4,744円2,975円
Asahi Net5,585円4,425円
TCOM5,578円4,425円
NEXT3,997円2,467円
アシタクリエイト4,050円2,620円
グローバルキャスト3,911円+オプション代2,550円+オプション代
フルコミット3,911円+オプション代2,342円+オプション代
253,911円+オプション代2,342円+オプション代

申し込む窓口の違いにより、月額料金に2,000円以上の開きが出ることもあります。ただし月額料金が安い窓口であっても、初期工事費を負担してもらえない場合があるため注意が必要です。

例えばSo-netの工事費の一部は、電話サービスの割引という形で還元されます。他の窓口には、電話サービス無料に加えて工事費実質無料となるところもあるため、似た表記でもお得さに大きな違いがあります。

加えて窓口によりキャンペーンの金額が異なる点も踏まえるなど、トータルしてお得な料金で契約できるのはどのサービスかを考える必要があります。

\今だけ!40,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりのおすすめ窓口

auひかりのおすすめ窓口はGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは、最大61,000円のキャッシュバックや、最大50,000円のキャッシュバック+月額料金の割引といったキャンペーンを開催しています。

キャッシュバックや月額割引を計算に入れると、実質の月額料金が他の窓口よりも安くなるプロバイダです。さらに最大60か月電話サービスが無料になる特典も付いてきます。

また電話サービスを利用することで、auのスマホを契約中の方は、スマホ料金が月々最大1,000引きになる「auスマートバリュー」が適用されます。

さまざまな割引が最低限のオプションで利用できるため、GMOとくとくBBはお得な窓口といえます。

\今だけ!40,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

auひかりの詳しい口コミ評判について知りたい方は、「auひかりの口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!」をご覧ください。

関連記事:料金・プラン・コース
ポイントエニタイムバナー_728x90
光回線の関連記事
  • アイキャッチ_6
    【格ゲー対応】オンラインゲームにおすすめの回線はどれ?快適な回線速度やPing値の目安は?
  • アイキャッチ_8
    回線速度とPing値の違いとは?測定方法や必要目安値、高いときの改善方法を解説!
  • アイキャッチ_4
    光回線(インターネット)を解約する方法!解約金なし・撤去工事なしの方法はある?
  • アイキャッチ_5
    一人暮らしのネット環境はどれがいい?固定回線(光回線)やWiFiなどのインターネット回線を紹介!
  • アイキャッチ_7
    回線が落ちる原因とは?接続が切れるときは有線にしよう
  • アイキャッチ_9
    回線速度の平均値はどれくらい?光回線とモバイルWiFi別に紹介