アイキャッチ_30
ポイントエニタイムバナー_728x90

IPv6とは?

IPv6とは、IPアドレスの新しい規格です。IPアドレスとは、インターネットに接続する端末に割り振られる固有の番号を指します。従来のIPアドレスはIPv4と呼ばれるもので、32ビットで構成される番号です。

これに対してIPv6は128ビットの情報であるため、IPv4と比較すると膨大な数の番号を確保できます。IPv4では端末へ割り振るアドレス数の枯渇という問題が生じていますが、IPv6はその対策として普及が始まっています。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

IPv6を利用するメリット

通信速度が上がる

IPv6を導入することで、通信速度が上がるメリットがあります。IPv4とIPv6の通信速度の理論値は変わりません。しかし、IPv6はIPv4と比べて回線が混雑しにくいため、実測値では通信速度の向上が見られます。

注意点として、IPv6を導入することでどれだけスピードが上がるかは環境により大きく異なります。とは言ってもダウンロードやアップロードに速さを求めている場合は、速度の向上に満足できる可能性は高いでしょう。

セキュリティが強くなる

IPv6には、セキュリティが強くなるメリットもあります。IPv6には「IPsec」と呼ばれるセキュリティ機能が標準で搭載されています。IPv4でもIPsecを利用することはできますが、あくまでもオプション扱いであるため使用率はあまり高くない状況です。

しかし、IPv4でもSSL/TLSによる暗号化で情報が保護されているサイトも多いため、必ずしも現状と比べてセキュリティが格段に強くなるとは限りません。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

IPv6を利用する注意点

メリットが多いIPv6ですが、事前に知っておきたい注意点もいくつか存在します。IPv6有効活用するためにも、あらかじめ気をつけるべきポイントを把握しておくと良いでしょう。

ここでは、IPv6を利用する際の注意点を見ていきましょう。

IPv6に対応してないサイトにはアクセスできない

IPv6を導入すると、IPv6に対応していないサイトにはアクセスできなくなります。そのため、利用前は普通に利用できていたサイトが見れなくなることもあります。

IPv4に切り替えることでIPv6未対応のサイトを見ることはできますが、非常に手間がかかって面倒です。インターネットを快適に利用したい場合は、無視できないデメリットになります。

IPv6対応機器が必要

IPv6を利用する際は、対応した機器が必要になります。IPv6に対応した機器を所持していない場合、購入またはレンタルが必要になります。

また、IPv6への対応が可能な機器でも、利用する前に必要となる準備はそれぞれ異なります。例えば、Web Caster 720は何もせずにIPv6へ対応できますが、IX2010はファームウェアをアップデートした上で設定を変更しなければIPv6に対応できません。

利用している周辺機器が古い場合は、コストと手間が発生する可能性があります。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりでIPv6を利用するメリット

IPv6はさまざまな回線で利用できる規格ですが、auひかりではIPv6をさらに便利に利用できます。auひかりの契約を考えている場合は、これらのメリットを把握しておくとより快適に回線を利用できるでしょう。

ここでは、auひかりでIPv6を利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

設定不要で利用できる

auひかりは、IPv6を設定なしで利用できるサービスです。auひかりを契約してさえいれば、独自オプションへの加入など追加の手続きは要りません。また、ややこしい設定も必要ないため手軽に利用できます。

「利用前の設定が難しそう...」と不安な方でも、auひかりでは簡単にIPv6の高速回線を体感できます。

IPv4とIPv6が自動で変更される

auひかりは、IPv4とIPv6がサイトに応じて自動で変更されます。auひかりは「デュアルスタック方式」を採用しているため、IPv4にのみ対応しているサイトでもIPv6接続でアクセスできます。

IPv6未対応のサイトを閲覧したいとき、都度IPv4へ切り替える必要がないため、快適にネットを利用できます。IPv6の利点を活かしたまま、これまでと変わらない感覚でインターネットを利用できる点は非常に大きなメリットです。

IPv6対応機器の用意が不要

auひかりでは、IPv6対応機器をわざわざ用意する必要がありません。auひかりを契約した時点で提供されるホームゲートウェイに、IPv6対応のルーター機能が搭載されているためです。

これを利用することで、IPv6に対応したルーターを準備しなくてもIPv6でネット接続ができます。追加の費用がかからないため、手軽にIPv6を導入できるようになります。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりのIPv6接続確認方法

auひかりでIPv6に接続しているかどうかは、IPv6に対応したサイトへアクセスすることで確認できます。例えば、BIGLOBEでauひかりを契約している場合にチェックする手順は、以下のとおりです。

  1. BIGLOBEの「IPv6オプション」のページへアクセスする
  2. 「現在の接続環境は〇〇です」という表記を確かめる

上記で確認してIPv6で接続できていない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 端末のOSがIPv6に対応していない
  • ルーターのファームウェアを更新していない

端末が古い型で対応していない場合は、アップデートや買い換えの必要があります。また、ルーターのファームウェアが原因の場合は、更新することで利用可能になります。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりのIPv6接続に関するよくある質問

auひかりでIPv6接続するときはPPPoEとIPoEどっち?

auひかりでIPv6接続する際に、PPPoEとIPoEの違いを気にする必要はありません。auひかりは、KDDIの独自回線とダークファイバーのネットワークを使用している光回線サービスです。

そのためフレッツ光などのサービスとは事情が異なり、auひかりを契約可能なプロバイダはすべてIPoEに対応しています。

auひかりでIPv6接続するには工事が必要?

auひかりでIPv6接続するための工事は必要ありません。auひかりの開通工事が完了していれば、追加の工事は不要です。つまり、auひかりはデフォルトの状態でIPv6接続を利用できます。

特に追加で利用者が行うことはないため、開通後からさっそく利用してみましょう。

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

auひかりの詳しい口コミ評判について知りたい方は、「auひかりの口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!」をご覧ください。

関連記事:料金・プラン・コース
ポイントエニタイムバナー_728x90
光回線の関連記事
  • アイキャッチ_1
    光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!
  • アイキャッチ_3
    光回線の速さ(通信速度)とは?最速スピードの回線を比較して紹介!
  • アイキャッチ_2
    光回線で月額料金が一番安いのはどこ?価格の格安ランキング!
  • アイキャッチ_4
    光回線を法人契約してビジネスや業務用として利用しよう!個人契約との違いは?
  • アイキャッチ_5
    光回線の高額キャッシュバックキャンペーンを比較!乗り換えもお得にできる?
  • アイキャッチ_6
    ぷらら光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!