アイキャッチ_31
ポイントエニタイムバナー_728x90

auひかりのホーム10G・5Gとは?

auひかりのホーム10G・5Gとは、auひかりが新たに提供する独自の光回線サービスです。しかし、通常のauひかりとどこが違うのか把握していない方も多いでしょう。

auひかりホーム10G・5Gの詳細を知ると、今よりさらに快適なネット環境を選択できるかもしれません。ここでは、auひかりのホーム10G・5Gの概要を見ていきましょう。

回線速度

auひかりホーム10Gの最大通信速度は、上り/下りが10Gbps、ホーム5Gは上り/下りが5Gbpsです。大手事業者を除くと、他の会社が提供している光回線の最大通信速度は1~2Gbps程度となります。

サービス名 プラン名 最高回線速度
auひかり ホーム10G 10Gbps
ドコモ光 ドコモ10G 10Gbps
ソフトバンク光 SoftBank 光 ファミリー・10ギガ 10Gbps
フレッツ光 フレッツ光 クロス 10Gbps
NURO光 NURO光 G2V プラン 2Gbps
コミュファ光 1Gホーム・セレクト 1Gbps
楽天ひかり ファミリープラン 1Gbps
So-net光 So-net 光 プラス 1Gbps

つまりauひかりのホーム10G・5Gは、従来の光回線と比べて最大通信速度が大幅にアップしているサービスだといえます。

料金

auひかりのホーム10G・5Gは、auひかりの通常料金とは別に追加料金を支払うことで利用できます。ホーム10Gは通常料金+1,280円、ホーム5Gは+500円という料金設定です。

通常料金と合わせた月額料金は、以下の表のとおりになります。

契約プラン 月額料金 ホーム5G ホーム10G
ずっとギガ得プラン(3年契約) 1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目 4,900円
1年目 5,600円
2年目 5,500円
3年目 5,400円
1年目 6,380円
2年目 6,280円
3年目 6,180円
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円 5,700円 6,480円
通常プラン 6,300円 6,800円 7,580円

また、「超高速スタートプログラム」を活用することで月500円の割引があります。そのため実質的には、ホーム10Gは+780円、ホーム5Gは通常回線と同額で利用できます。

注意点として、スタートプログラムを利用するには以下の条件を満たす必要があります。

  • プロバイダがau one netである
  • ずっとギガ得プランに申し込む
  • auスマートバリューの適用を受けている(契約から4年目以降)

ずっとギガ得プランは、契約期間終了前に解約すると15,000円の契約解除料がかかります。契約期間を長く考えていない場合は、利用しない方がお得になることもあります。

対応エリア

2020年8月現在、auひかりのホーム10G・5Gは以下の地域でのみ提供されているサービスです。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県

また、4都県の中にも対応していないエリアがあるため、注意が必要です。

対応エリアであるかどうかは、auひかりのプロバイダのサイトで確認することができます。例としてGMOとくとくBBのサイトでの手順を紹介します。

  1. GMOとくとくBBのauひかり申し込みページにアクセスする
  2. 「WEBから簡単!エリア検索・料金診断」をクリックする
  3. 住宅タイプ・郵便番号・電話番号を入力する
  4. 「エリアを検索する」をクリックする
  5. 「10ギガ」「5ギガ」にチェックを入れられるかを確かめる
  6. 入れられる場合は対応エリア内

ホーム10G・5Gの契約を検討する際は、まず対応エリアを確かめましょう。

工事内容

auひかりのホーム10G・5Gを利用するには、工事が必要になります。建物の環境にもよりますが、工事の内容と流れは以下のとおりです。

  1. 最寄りの電柱から光ケーブルを引き込む
  2. 建物壁面に金具で光ケーブルを固定する
  3. 引込口(通気口・エアコンのダクトなど)付近まで数か所固定しつつ光ケーブルを敷設する
  4. 引込口から建物内に光ケーブルを引き込む(引込口がない場合、穴を開ける)
  5. 光ケーブルとONUを接続する

auひかりホーム10G・5Gを利用するための工事は基本的に一度で完了し、所要時間も2時間程度になります。

auひかりの開通工事について詳しく知りたい方は「auひかり回線の開通に配線工事は必要?工事費用やかかる時間・期間について解説!」をご覧ください。

アイキャッチ_33
auひかり回線の開通に配線工事は必要?工事費用やかかる時間・期間について解説!
2020.8.30
auひかりの開通に工事は必要? 「auひかり」の開通には、他のインターネット回線と同様に工事が必要になります。「工事と聞くと費用や行程が気になる」という方も多いのではないでしょうか? この記事では、auひかりの開通工事の内容や費用について見ていきましょう。読み終わるころには疑問がすっきりしているでし...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりのホーム10G・5Gの注意点

auひかりのホーム10G・5Gは便利なサービスですが、いくつか気をつけておかなければならない点があります。想定外のトラブルを避けるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。

ここでは、auひかりのホーム10G・5Gの注意点を見ていきましょう。

マンションプランがない

2020年8月現在、auひかりのホーム10G・5Gにはマンションプランがありません。そのため、ホーム10G・5Gを契約できるのは、戸建て住宅に住んでいる方のみになります。

マンションに住んでいる方は、残念ながら従来のプランを利用し続けるしかありません。

対応エリアが少ない

auひかりのホーム10G・5Gの対応エリアは、先ほど紹介した4都県の一部に留まります。今後対応エリアが増える可能性はありますが、現状では申し込めない方も多いでしょう。対応エリア外の場合、現状は断念するしかありません。

実測値は10G・5Gより遅いことが多い

auひかりのホーム10G・5Gの最大通信速度はそれぞれ10Gbps・5Gbpsですが、実測値はそれより遅い数字になります。「ベストエフォート型」のサービスであるため、最大通信速度が出ないことを承知した上で利用する必要があります。

つまり、回線スピードに過度な期待をしていると期待外れということもあり得ます。

12か月以内の解約は違約金が発生する

auひかりのホーム10G・5Gには、12か月間の最低利用期間が設定されています。契約から12か月間が経過する前に解約すると、高速サービス解除料2,500円の支払いが必要です。なお、auひかり自体を解約しない場合でも解除料は発生します。

そのためホーム10G・5Gを契約する際は、少なくとも12か月の継続を前提にした方が損をせずに済みます。ただし、10Gから5G、5Gから10Gというように、回線速度を変更する形であれば高速サービス解除料はかかりません。

対応機器の用意が必要

auひかりのホーム10G・5Gの速さをフルに活用するには、対応機器の用意が必要です。対応のONUやホームゲートウェイはauひかりから送られてきます。しかし個人のデバイスの関しては、対応機種を自身で用意する必要があります。

なお、PCのLANポートは「10GBASE-T」、接続用のLANケーブルは「カテゴリ6A以上」が推奨されています。これらの対応機器が用意できないと、通信速度が遅くなる場合があります。

例えば、カテゴリ5eのLANケーブルは最大通信速度が1Gbpsであるため、ホーム10G・5Gを契約しても1Gbpsを超える回線スピードが出せません。

契約できるプロバイダが限られている

auひかりのホーム10G・5Gは、契約できるプロバイダが限られています。auひかりホーム1Gを契約可能なプロバイダであっても、ホーム10G・5Gには対応していない場合があるため注意してください。

例えば、2020年8月現在、ASAHIネットはホーム1Gの契約が可能ですが、ホーム10G・5Gの契約はできません。

2020年8月現在、ホーム10G・5Gを契約できるプロバイダは以下のとおりです。

  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • @T COM
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかりのホーム10G・5Gを契約できるおすすめプロバイダ3選

auひかりのホーム10G・5Gを契約できるプロバイダは7社もあるため、どこを選ぶか悩んでしまう方もいるでしょう。各事業者のメリットを理解すると、自分に合ったプロバイダを選ぶ助けとなります。

ここでは、auひかりのホーム10G・5Gを契約できるおすすめプロバイダを見ていきましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、高速回線利用におすすめのプロバイダです。GMOとくとくBBでauひかりのホーム10G・5Gを契約すると、最大61,000円のキャッシュバックを受け取れます。

また申し込みページにもよりますが、他にも最大54,000円のキャッシュバックと高性能WiFiルーターの組み合わせや、最大20,000円のキャッシュバックと月額割引の組み合わせを選ぶことが可能です。

さらにいずれの場合も、auひかり以外のサービスからの乗り換えで最大30,000円のキャッシュバックを受けられる「auひかり新スタートサポート」を利用できます。

GMOとくとくBBは「費用を安く抑えてauひかりのホーム10G・5Gを契約したい方」におすすめのプロバイダです。

So-net

So-netもおすすめのプロバイダの1つです。So-netにはauひかりのホーム10G・5Gと同時に申し込むことで、最大12か月間無料になるオプションサービスがあります。

また、オプションの種類も豊富でさまざまにあります。例えば以下のようなものがあります。

  • セキュリティソフトの「カスペルスキー セキュリティ」
  • パソコンに関するサポートが充実の「So-net 安心サポート」
  • さまざまな割引を受けられる「えらべる倶楽部 for So-net」

So-netは「手厚いサポートを受けられる状態でホーム10G・5Gを契約したい方」におすすめです。

BIGLOBE

BIGLOBEもおすすめのプロバイダの一つです。BIGLOBEでは、auひかりホームタイプを契約中に別の地域へ引っ越す場合、転居先がauひかりホームタイプの対応エリア外でも実質無料で対応してもらえます。

具体的には、プランを「ビッグローブ光」に変更すると撤去費相当額のキャッシュバックを受けられます。さらにビッグローブ光の標準工事費も無料になります。

BIGLOBEは「転勤が多くいつどのような場所に引っ越すか検討がつかない方」におすすめです。

auひかりのプロバイダの選び方について詳しく知りたい方は「auひかりのプロバイダとは?比較基準やおすすめの安い業者を紹介!」をご覧ください。

アイキャッチ_24
auひかりのプロバイダとは?比較基準やおすすめの安い業者を紹介!
2020.8.30
auひかりのプロバイダとは? プロバイダとは光回線と自宅のインターネットを繋ぐ事業者のことです。プロバイダを通らなければインターネットを利用することはできません。 auひかりのプロバイダは以下の8社になります。 GMOとくとくBB So-net BIGLOBE au one net @nifty @...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

auひかりの詳しい口コミ評判について知りたい方は、「auひかりの口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!」をご覧ください。

関連記事:料金・プラン・コース
ポイントエニタイムバナー_728x90
光回線の関連記事
  • アイキャッチ_1
    光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!
  • アイキャッチ_3
    光回線の速さ(通信速度)とは?最速スピードの回線を比較して紹介!
  • アイキャッチ_2
    光回線で月額料金が一番安いのはどこ?価格の格安ランキング!
  • アイキャッチ_4
    光回線を法人契約してビジネスや業務用として利用しよう!個人契約との違いは?
  • アイキャッチ_5
    光回線の高額キャッシュバックキャンペーンを比較!乗り換えもお得にできる?
  • アイキャッチ_6
    ぷらら光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!