アイキャッチ_4
ポイントエニタイムバナー_728x90

光回線の法人契約と個人契約の違い

光回線では法人契約が可能です。光回線の法人契約と個人契約では、利用形態や利用料金等でさまざまな違いがあります。プライベートでの利用を想定している個人契約に対し、法人契約はビジネスシーンでの利用に特化したサービスとなります。

この記事では、光回線を法人契約した場合のメリットについて詳しく解説しています。さらに、法人契約におすすめの光回線も紹介しているので、回線選びに迷っている方もぜひ参考にしてください。

はじめに、光回線の個人契約と法人契約の違いを見ていきましょう。

帯域

同一の光回線であっても、法人契約と個人契約では利用可能な回線の帯域が異なることがあります。基本的に法人契約の方が、大きく帯域が設定されています。

帯域が大きいメリットとして、同時に多くの人がインターネットにアクセスしても、安定した速度で利用できる点があります。高速かつ安定した通信速度が求められるビジネスシーンでも、法人契約だと円滑に業務を進められます。

IPアドレス

光回線の法人契約と個人契約では、利用可能な固定IPアドレスの数に違いがあります。法人契約の方が固定IPアドレスが多く設定できます。

固定IPアドレスをサーバーに割り当てることで、常に同じIPアドレスが払い出されるようになります。そのことにより、企業用のWebサイトの作成が可能になります。

また、固定IPアドレスの利用はセキュリティ向上の面でも役に立ちます。複数の拠点間で通信を行う場合、指定した固定IPアドレスからのみアクセスを許可することで、不正アクセスのリスクを下げられます。

領収書の発行

光回線を法人契約すると、領収書の発行がスムーズに行えます。法人契約では契約者名義を会社にすることが可能になります。また契約者名義を会社にすることで、節税対策に繋がります。

通信費を会社の経費として計上するには、領収書が必要になります。法人契約の場合、請求先が会社になり経費として計上することが可能です。

トラブル発生時の保証

光回線の法人契約と個人契約では、トラブルが発生した際の保障に差があります。法人契約ではプロバイダ側で接続障害が発生した場合でも、優先的に復旧作業を行ってもらえます。さらに、個人契約と比較してネットの通信経路が多く、ネットが切断されにくい仕様になっています。

技術が発達した現在でも、自然災害などにより通信障害は起こり得ます。納期が迫っているなど時間が限られている状況下でのトラブルにも、法人契約だとスピーディな復旧を期待できます。

その他サービス

法人契約はその他サービスとして、「バックアップサービス」や「24時間サポートオプション」があります。

バックアップサービスとは、クラウド上にデータを保存するサービスです。突然パソコンが故障してしまったときでも、バックアップサービスを活用すればデータの復元が可能になります。

また、24時間サービスオプションを利用すると、万が一の回線トラブルにも24時間いつでも対応を行ってもらえるため安心です。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

法人向け光回線の選び方

現在では、多くの光回線業者で法人契約ができるようになっています。そのため、光回線を契約する際に、どの回線を利用したらいいか迷ってしまう方も多いと思います。

そんな方のために、ここからは法人向け光回線の選び方のポイントをご紹介します。

導入価格・利用料金

光回線を選ぶときは、導入価格や利用料金を考慮する必要があります。回線ごとに初期工事費用や料金プランは異なります。また、各回線で独自の割引サービスを提供しているものもあります。

割引サービスの例として、スマホとのセット割があります。指定されたキャリアのスマホを利用していると、月々の利用料から一定額割引きされ、お得に利用可能できます。

通信速度

通信速度も光回線を選ぶ際に、押さえておきたいポイントになります。基本的に、どこの光回線であっても最大速度は1Gbpsで同じです。しかし、すでにビルなどの建物に回線が配備されている場合は、回線速度が落ちるケースがあります。

例えば、ソフトバンク光のマンションタイプを見てみます。ビルの回線を考慮してこのタイプが適用された場合、最大通信速度は100Mbpsになります。少しでも高速回線を利用したい方は、契約前に確認しておくことが大切です。

同時接続数

大人数での利用を想定している方は、同時接続可能台数も考慮して回線を選ぶ必要があります。接続自体は上限なしに利用可能ですが、通信速度を保つために1契約で推奨されている同時接続数が決まっています。

推奨接続数よりも極端に多く接続すると、著しく回線速度が下がることもあります。予定している利用規模を考慮して、回線を選ぶことが重要です。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

法人名義で契約できるおすすめ光回線|高額キャッシュバック窓口

法人名義で契約可能な光回線の中から、高額キャッシュバックを行っている回線4つを厳選しました。これらの回線で法人契約すると、キャッシュバック特典を最大限活用してお得に契約できます。

ここからは、法人名義で契約可能なおすすめ光回線を見ていきましょう。

ソフトバンク光|Yahoo!BB

法人契約におすすめな光回線として、ソフトバンク光が挙げられます。ソフトバンク光の概要を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

月額料金 3,800円〜
初期工事費用 最大24,000円
最大速度 最大1Gbps
特徴 ・ソフトバンクのスマホ代が最大1,000割引される「おうち割光セット」が適用される
・24時間のトラブル対応オプションがある
・最大10Gbpsの高速回線プランがある
・通話料金が安い「おとく光電話」を利用できる

ソフトバンク光を法人契約する場合は、「Yahoo!BB」から申し込む必要があります。5の付く日やゾロ目の日に契約すると、最大25,000円のキャッシュバックを受け取れます。ソフトバンク光では、代理店窓口からは法人契約が行えないため注意してください。

ソフトバンク光の法人契約について詳しく知りたい方は「ソフトバンク光は法人名義で契約できる?申し込み方法や注意点を解説!」も参考にしてください。

アイキャッチ_54
ソフトバンク光は法人名義で契約できる?申し込み方法や注意点を解説!
2020.8.30
ソフトバンク光を法人契約すると料金を経費として落とせる! ソフトバンク光を法人契約すると、料金を経費として落とせます。さらに、法人用の銀行口座やクレジットカードで料金を支払うことが可能になります。 そのため個人名義で契約するよりも、法人名義の契約の方が経費として計上するのが容易になります。なお、確定...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

auひかり|GMOとくとくBB

auひかりも、法人契約で利用する場合のおすすめの光回線です。auひかりの特徴や利用料金をまとめたので、参考にしてください。

月額料金 3,400円〜
初期工事費用 最大37,500円
最大速度 最大1Gbps
特徴 ・auのスマホ代が最大1,000割引される「スマートバリュー」が適用される
・個人プランを法人契約で利用可能
・最大10Gbpsの高速回線プランがある
・独自回線を使用しているため、回線速度が安定しやすい

auひかりを法人契約するときのおすすめの窓口に、「GMOとくとくBB」があります。最大61,000円のキャッシュバックまたは、20,000円のキャッシュバック+月額料金割引のいずれかを選択できます。

月額料金やキャッシュバック額の大きさ、工事費を総合的に考慮すると、最もお得に契約できるプロバイダになります。

auひかりのおすすめのプロバイダについて詳しく知りたい方は「auひかりのプロバイダとは?比較基準やおすすめの安い業者を紹介!」も参考にしてください。

アイキャッチ_24
auひかりのプロバイダとは?比較基準やおすすめの安い業者を紹介!
2020.8.30
auひかりのプロバイダとは? プロバイダとは光回線と自宅のインターネットを繋ぐ事業者のことです。プロバイダを通らなければインターネットを利用することはできません。 auひかりのプロバイダは以下の8社になります。 GMOとくとくBB So-net BIGLOBE au one net @nifty @...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

ドコモ光|DTI

ドコモ光でも、法人契約で光回線を利用可能です。ドコモ光の概要を下表にまとめましたので、参考にしてください。

月額料金 4,000円〜
初期工事費用 最大18,000円
最大速度 最大1Gbps
特徴 ・ドコモのスマホ代が最大1,000割引される「ドコモセット割」が適用される
・法人向けの割引プランが豊富
・最大10Gbpsの高速回線プランがある
・フレッツ光回線を利用しているため提供エリアが広い

ドコモ光を法人契約する際は、豊富なプロバイダを選択できます。その中でもおすすめなプロバイダに「DTI」が挙げられます。

DTIで契約を行うと、最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。また20年以上の運営歴があり、安心して利用可能な点も魅力の一つです。

ドコモ光の法人契約について詳しく知りたい方は「ドコモ光を法人名義で契約するメリットや必要書類!個人事業者でも申し込みできる?」も参考にしてください。

また、プロバイダのDTIの口コミやメリット、デメリットについて知りたい方は「DTI with ドコモ光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!」も参考にいてください。

アイキャッチ_19-2
DTI with ドコモ光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!
2020.9.29
DTI with ドコモ光の基本情報 DTI with ドコモ光とは、ドコモの光インターネットサービス「ドコモ光」と、プロバイダサービスを提供する「DTI」がセットになった回線サービスを言います。 DTIはさまざまな光回線と提携している創業20年以上のプロバイダです。「DTI光」という名称が似ている...…

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

NTTフレッツ光|ラプター

NTTフレッツ光も、法人契約可能な光回線です。NTTフレッツ光の概要を下表にまとめましたので、参考にしてください。

月額料金 3,905円〜
初期工事費用 19,800円
最大速度 最大1Gbps
特徴 ・3つ法人契約専用プランがある
・提供エリアが広い
・年中無休の24時間対応サポートを利用できる

NTTフレッツ光を法人契約する際は、窓口として「ラプター」がおすすめです。ラプターでは最大75,000円ものキャッシュバックを行っています。

また、ラプターはNTTから高品質の認定を受けている信頼感が高い運営会社です。そのため、安定した高速通信を求められるビジネス利用に最適です。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

業務用の光回線はビジネスに影響があるので慎重に選ぼう

光回線の法人契約はビジネスや業務に大きな影響を及ぼすため、慎重に選択する必要があります。特に回線の保証や不具合があった際に、サポート面がしっかりしているかどうか確認しておくことが重要です。

また、通信速度の制限がない回線であることも見ておきたいポイントです。自宅で利用する個人の回線とは異なり、速度制限がかかると会社の業務全体に支障が出ます。

そのため法人契約するための回線選びは、細心の注意を払って契約をする必要があります。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

ポイントエニタイムバナー_728x90
光回線の関連記事
  • アイキャッチ_1
    光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!
  • アイキャッチ_3
    光回線の速さ(通信速度)とは?最速スピードの回線を比較して紹介!
  • アイキャッチ_2
    光回線で月額料金が一番安いのはどこ?価格の格安ランキング!
  • アイキャッチ_4
    光回線を法人契約してビジネスや業務用として利用しよう!個人契約との違いは?
  • アイキャッチ_5
    光回線の高額キャッシュバックキャンペーンを比較!乗り換えもお得にできる?
  • アイキャッチ_6
    ぷらら光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!