アイキャッチ_48
ポイントエニタイムバナー_728x90

光回線でネット接続するために必要なもの

「光回線を利用したいけれど、具体的に何が必要かわからない」とお困りではありませんか?光回線でネット接続をするために必要なものは、以下の3点です。

  • プロバイダ契約
  • 光回線設備(光配線)
  • 通信機器

ここでは、上記3点についてそれぞれ詳しく解説します。また必要なものだけではなく、光回線工事前に確認が必要なことも紹介します。

この記事を最後まで読むと、光回線の契約で必要なものが一通り把握できます。

プロバイダ契約

光回線でネット接続をするためには、プロバイダと契約が必要になります。光回線のみの契約だと、インターネットに接続ができません。

プロバイダとは、光回線とインターネットを繋ぐ事業者のことで、回線事業者ごとに利用できるプロバイダが異なります。また、プロバイダによって月額料金やサービスも異なるため、比較検討して自分に最適なプロバイダを選びましょう。

プロバイダの例として「Yahoo!BB」や「GMOとくとくBB」、「DTI」などがあります。

光回線設備(光配線)

光回線でネット接続をするためには、光回線設備が必要になります。光回線設備を取り入れるには、自宅が光回線のエリア範囲内であることが必須です。

光回線の対応エリア内に関しては、各光回線事業者の公式Webサイトで確認できます。例えば、「フレッツ光」や「auひかり」、「ドコモ光」などは公式Webサイトで検索可能です。

注意点として中古物件や賃貸の場合は、すでに光回線設備が取り入れられている可能性があります。このようなときは部屋の中に光コンセントが設置されているため、一度確認してみてください。

通信機器

光回線でネット接続をするためには、通信機器が必要になります。必要な通信機器は以下のとおりです。

  • ONU
  • ルーター
  • モデム(一部の回線のみ)

ここからは、光回線でネット接続するために必要な通信機器についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ONU

光回線でネット接続をするために必要な通信機器の1つに「ONU」があります。ONUはOptical Network Unitを略した名称になります。ONUは光回線終端装置であり、光信号とデジタル信号を変換する機器です。ONUではなく、光モデムと呼ばれることもあります。

ONUは回線事業者から回線開通の際に送られてきます。契約中は無料でレンタルされ、回線解約後に返却する形になります。

ルーター

光回線でネット接続をするために必要な通信機器に「ルーター」があります。ルーターは、スマートフォンやパソコンなど複数の端末をネット接続するために必要になります。

有線LANと無線LANに対応しており、使用する端末によって接続方法の選択が可能です。また、ルーターのスペック次第で通信速度が変わるため、事前に対応速度を確認しておきましょう。

ルーターに関しては自身で用意する場合と、プロバイダがレンタルで提供している場合があります。契約前にどのような形式になるか確認しておきましょう。

なお、ONUとルーターの両方の機能を有している「ホームゲートウェイ」という機器をレンタルしている回線もあります。この場合は、ルーターの用意は必要ありません。

モデム

光回線以外でネット接続をするために必要な通信機器に「モデム」があります。モデムとは、デジタル信号とアナログ信号を相互に変換する機器です。

マンションなどで光回線を導入できない際に必要になります。例えば、「VDSL配線」の場合はVDSLモデムが必要です。なお、光回線を導入できずにモデムを利用するケースでは、回線速度が最大100Mbpsになるため注意が必要です。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

光回線設備(光配線)がない場合は工事が必要

お住まいの住居に光回線設備(光配線)がないときは、配線工事が必要です。配線工事は、近くの電柱から光ファイバーを建物内に引き込む工事になります。

お住まいのマンションや賃貸の方は、大家さんや管理人の方に工事の許可を取る必要があります。また、周辺に電柱がないなど工事ができないケースもあります。

そのため、光回線に申し込む前に自宅が配線工事ができる環境か確認しておきましょう。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

光回線工事前に必要な準備

接続機器の設置場所を決めておく

光回線工事前に、接続機器の設置場所を決めておく必要があります。設置場所を決める際は、設置場所付近に電源タップの空きがあるか確認しておきましょう。

また、設置場所は閉鎖された場所ではなく電波が飛びやすい位置をおすすめします。障害物が多い場所に設置してしまうと、無線接続を利用の際に安定して受信ができない可能性があります。

ネット接続するデバイス

ネットに接続する予定のデバイスごとに、用意しておきたいものがあります。ここで言うデバイスとは、パソコンやスマホなどになります。ここではデバイスごとに必要なものを詳しく見ていきましょう。

パソコンの場合|LANケーブル

パソコンを有線でネット接続する際は、LANケーブルを用意する必要があります。LANケーブルはパソコン1台につき1本必要なため、パソコン台数分のLANケーブルを用意しましょう。

また、回線速度に合わせてLANケーブルを選択する必要があります。光回線の速度を最大限活かしたい場合は、「CTA6A(6e)」以上の規格をおすすめします。

スマホの場合|無線LANルーター

光回線をスマホで接続したい際は、無線接続をする必要があります。その際は無線ルーターが必要です。

無線LANルーターはプロバイダでレンタルされていることがあります。レンタルサービスがない場合は、家電量販店で購入することも可能です。性能はルーターによって異なるため、比較検討して最適なものを選びましょう。

なお、先述した通りONUがホームゲートウェイの場合には、ルーターは必要ありません。

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光がさらにお得に!

ポイントエニタイムバナー_728x90
光回線の関連記事
  • アイキャッチ_1
    光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!
  • アイキャッチ_3
    光回線の速さ(通信速度)とは?最速スピードの回線を比較して紹介!
  • アイキャッチ_2
    光回線で月額料金が一番安いのはどこ?価格の格安ランキング!
  • アイキャッチ_4
    光回線を法人契約してビジネスや業務用として利用しよう!個人契約との違いは?
  • アイキャッチ_5
    光回線の高額キャッシュバックキャンペーンを比較!乗り換えもお得にできる?
  • ぷらら光 口コミ評判
    ぷらら光の口コミ評判はどう?メリットやデメリットを徹底解説!