アイキャッチ_20
ポイントエニタイムバナー_728x90

1位 GMOとくとくBB-Wimax-

  • WiMAXプロバイダの中でキャッシュバック額が最高額!
  • 3年間の総額が業界最安級で利用できる
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら4,000円分のポイントゲット!

2位 BroadWiMAX

  • 3か月以降の月額料金が業界最安級!さらに、送料無料&最短即日で利用可能!
  • 通常有料の高速通信モードが無料で利用できる!
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、4,000円分のポイントゲット!

3位 カシモWiMAX

  • 月額1,380円~と業界最安級のWiMAX
  • 最新端末が無料でもらえる!
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、3,600円分のポイントゲット!

WiFi(ワイファイ)とは何?

「WiFi」とは、ネット回線を無線でつなぐ「無線LAN」と呼ばれる通信規格の一つです。「無線LAN=WiFi」というイメージを持つ方も多いですが、実は無線LANが商品化された当初はWiFi以外にさまざまな通信規格がありました。

その影響で、それぞれの通信規格に統一性や互換性がなかったため、商品化当初の無線LANはなかなか普及しませんでした。

しかし無線LANの普及を図るため規格統一がされ、現在のWiFi規格が誕生し全世界で普及するようになりました。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

WiFiと無線LANは同じ?

WiFiと無線LANは、厳密には異なりあくまで無線LANの一種に過ぎません。

具体的なWiFiの見分け方として、無線LANの製品に「Wi-Fi CERTIFIED」のロゴがついているか確認する方法があります。このロゴがついている製品のみ、正式に「WiFi」と呼称することが可能です。

仮に同じ機能を持つ製品でも、このロゴがついていないものについてはWiFi機器としては正式に認められません。

しかしこれは専門的な話であり、一般的には「WiFi=無線LAN」という認識が広まっています。現代では、有線ではなく無線でネットを使えるものは全て「WiFi」として認知されることが多いです。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

WiFiの仕組み

WiFiの仕組みは非常にシンプルです。まず、インターネットを提供する回線(光回線など)と家に置いてあるルーターやモデムが有線でつながっています。

そして、ルーターやモデムから電波が発信され、パソコンやゲーム機がその電波を受信します。この接続方法によって無線でインターネットが利用できるようになります。

補足情報として、いわゆる「モバイルWiFi」ではルーターが基地局からの電波を受信して無線LAN化されます。そのためモバイルWiFiは、光回線などの有線を一切使わずに外出先でもネットを利用できます。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

WiFiを使うメリット

WiFiを利用することで、さまざまなメリットがあります。それぞれのメリットを押さえておくと、自身にぴったりのWiFiを活用する方法を見つけられます。

ではここからは、WiFiのメリットについて詳しく見ていきましょう。

生活の利便性が上がる

WiFiを利用するメリットとして、生活の利便性が大きく向上する点が挙げられます。例えば、浴室やベランダなど有線ケーブルを設置するのが難しい場合でも、WiFiを使えば簡単にインターネットに接続できます。

また、プリンターやパソコンなどのWiFiに対応している機器を無線接続することも可能です。さらに最近では、WiFiに対応している家電が増えています。スマホからエアコンを遠隔操作して、外出中に部屋の温度を調整しておけるなど家電製品との連携も注目されています。

このように、WiFiを利用することで離れたところからさまざまな家電機器を操作できます。外にいても家事を行えるようになるため、時間を有効に活用することが可能です。

配線が少なくなる

WiFiを利用するメリットとして、デバイス間の配線が少なくなる点も挙げられます。WiFiを使わない場合、ネット回線を利用したい端末すべてにLANケーブルを接続する必要があります。

例えば、パソコンとプリンター、テレビとモデムなどさまざまな配線をつなげる必要が出てきます。しかし、WiFiを利用することで必要最低限のケーブルでネット環境を構築できるため、余分なケーブルがなくなりお部屋の見た目も良くなります。

スマホのデータ通信量を節約できる

さらにWiFiを利用するメリットとして、スマホのデータ通信量を節約できる点が挙げられます。多くのスマホには月々のデータ通信量に上限があります。

月単位でのデータ通信量の上限を超えてしまうと通信速度制限がかかり、ほとんどインターネットを使えないような低速通信に切り替わってしまうのが一般的です。その際は、データを購入して、速度を戻す必要があります。

しかしWiFiを利用するとデータ通信量を節約できるため、スマホの料金を削減できます。スマホの月々のデータ使用量が少ない方でも、WiFiを利用することで大容量のデータを利用する通信も気軽に楽しむことが可能です。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

WiFiでインターネットを使う方法

WiFiでインターネットを利用する方法は、大きく分けて4通りあります。自身に合った接続方法をそのときの状況に合わせて選ぶのがおすすめです。

ここからは、それぞれの方法のメリットやおすすめの人について詳しく見ていきましょう。

固定回線

WiFiでインターネットを利用する方法として「固定回線」が挙げられます。固定回線とは、光ケーブルを家に引き込みインターネットを接続する方法です。固定回線のメリットとデメリットについて下表にまとめましたので、参考にしてください。

メリット デメリット
・通信が安定している
・通信速度が速い
・通信データ容量の制限がない
・月額料金がモバイルWiFiと比較して高い
・工事をする手間と費用がかかる

固定回線は、通信データ容量の制限がありません。大容量のデータをダウンロードしても通信制限がかからないため、以下の方におすすめです。

  • 家族など複数人でWiFiを使用する方
  • オンラインゲームを楽しみたい方
  • 映画を観るなど日ごろから多くのデータ通信量を使用する方

おすすめの固定回線を詳しく知りたい方は、「光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!」も参考にしてください。

アイキャッチ_1
光回線の選び方!戸建てとマンションごとのおすすめ比較ランキングを紹介!
2020.11.1
ネット回線を比較!おすすめは光回線 インターネット回線には光回線を含め、さまざまなタイプが存在します。その種類は大きく分けて4つに分けられます。それぞれの特徴やメリット・デメリットを下表にまとめました。 回線種類 メリット デメリット 回線例 光回線 回線速度が速い キャンペーンが豊富 契約時に工事...…

モバイルWiFi

WiFiでインターネットを利用する方法として「モバイルWiFi」が挙げられます。モバイルWiFiとは、ルーターの持ち運びができるポケットWiFiのことです。
モバイルWiFiのメリットとデメリットを下表にまとめましたので、参考にして下さい。

メリット デメリット
・持ち運びがしやすい
・月額料金が固定回線と比較してお得
・開通工事が不要
・通信データ容量の制限がある
・電波が障害物に弱い

ルーター端末は小型で軽量なものが一般的で、バッグやポケットに入れて簡単に持ち運べます。モバイルWiFiは、家の中だけでなく外出中もWiFiを使いたい方におすすめです。

おすすめのモバイルWiFiを詳しく知りたい方は、「おすすめの人気モバイル(ポケット)WiFiを徹底比較!一番のおすすめはどこがいい?」も参考にしてください。

アイキャッチ_1
おすすめの人気モバイル(ポケット)WiFiを徹底比較!一番のおすすめはどこがいい?
2020.12.3
モバイル(ポケット)WiFiはどこがいい? モバイルWiFiは種類が多いため「どのサービスが最もお得なのかよくわからない」という方は、多いのではないでしょうか。毎月の固定出費になるため、可能な限りお得なサービスを契約したいですよね。 そこでこの記事では、重視するポイントごとにおすすめのモバイルWiF...…

テザリング

WiFiでインターネットを利用する方法として「テザリング」も挙げられます。テザリングとは、スマホをルーターとして使える機能です。テザリングのメリットとデメリットを下表にまとめましたので参考にして下さい。

メリット デメリット
・持ち運びがしやすい
・スマホがあれば改めて回線を契約する必要がない
・開通工事が不要
・スマホの通信データ容量を使用するため制限がかかる

テザリングは、スポット的にWiFiを使いたい方におすすめです。テザリングの役割は、「外出先で時々ネットを利用する場合の一時的な処置」と捉えると良いでしょう。

注意点としてテザリングはスマホの通信データ容量を大量に使用するため、普段使いには不向きです。

フリーWiFi

WiFiでインターネットを利用する方法には「フリーWiFi」もあります。フリーWiFiとは特定の場所で使える公衆WiFiで、「マクドナルドWiFi」や「ローソンWiFi」が挙げられます。

フリーWiFiのメリットとデメリットを下表にまとめましたので、参考にしてください。

メリット デメリット
・無料で使える
・自身でルーターなどの端末を持つ必要がない
・セキュリティ面が十分でない
・使える場所が限られている
・使用回数に制限があることが多い

フリーWiFiが利用できる場所の具体例は、以下の通りです。

  • カフェ
  • コンビニ
  • 空港
  • ホテル
  • ファーストフード店
  • 公共WiFiを設置している地方自治体

フリーWiFiは、滞在先でWiFiを一時的に使いたい方におすすめです。ただし、フリーWiFiにはセキュリティ上の問題点も指摘されており、利用時は注意する必要があります。

フリーWiFiを安全に利用するためには、サービスを利用する際にパスワードやIDの入力は控えることが大切です。また、可能であれば暗号化されているフリーWiFiを利用するのが良いでしょう。

誰でも簡単にネット接続できるようなフリーWiFiは、暗号化がされていない場合が多いため利用を避ける方が無難です。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

WiFiに関するよくある質問

WiFiって何の略称?

WiFiとは、「Wireless Fidelity(ワイヤレス フィデリティ)」の略称です。直訳すると「忠実な無線」という意味になります。

WiFiのセキュリティは安全?

WiFiのセキュリティは、暗号が強化された通信方式であれば基本的に安全です。セキュリティが安全な暗号の方式には、「WPA」と「WPA2-PSK」が挙げられます。特にWPAの場合は、WiFiを経由して外部から侵入されることはほとんどありません。

近年ののスマホやWiFiルーターはWPAを採用しているため、安全性に関して極端に心配する必要はありません。ただし、パスワードはできるだけ複雑に設定するのが良いでしょう。

WiFiとBluetoothの違いは何?

WiFiとBluetoothは同じ無線通信ですが、利用目的が大きく異なります。WiFiとBluetoothの相違点を下表にまとめました。

項目 WiFi Bluetooth
利用目的 データ通信、ファイルの転送 パソコンやイヤホンなどの周辺機器との接続
通信距離 数十メートル~100メートル 数十センチ~数メートル
通信速度 最大1.3Gbps 最大24Mbps
消費電力 多い 少ない

基本的にWiFiは、高速通信をする場合やデバイス間が離れている場合の無線通信方法です。一方でBluetoothは、近距離通信や大量の通信速度を必要としない場合を目的とした無線通信方法になります。

\ここだけ!2,000円分のポイントゲット!/

ポイ活サイトのポイントエニタイム経由で申し込むと、ポイントがもらえる!

高速で実質速度制限がないWiFi回線の「WiMAX」がもっとお得に!

       
ポイントエニタイムバナー_728x90
WiFiの関連記事
  • アイキャッチ_4
    格安のWiFi回線はどこ?安いところをランキングで紹介!最安値の回線を選ぶ注意点
  • アイキャッチ_5
    最速のポケットWiFiはどれ?速いモバイル回線を選ぶポイントを紹介!
  • アイキャッチ_6
    無制限で使い放題のモバイルWiFiはある?容量制限なしの回線を徹底比較!
  • アイキャッチ_7
    自宅でWiFiを利用する方法!家回線におすすめの回線を種類別に紹介!
  • アイキャッチ_20
    WiFiとは?意味って何かや利用方法、無線LANとの違いをわかりやすく解説!
  • アイキャッチ_21
    ポケットWiFiはデメリットだらけでいらない?便利なメリットを踏まえて解説!